今週の注目感染症 平成30年・18週(4月30日~5月6日)

◆麻しん(5 月 9 日現在)
愛知県の 2018 年麻しんの報告数は 18 件(3 月 1 件、4 月 14 件、5 月 3 件。診断日に基づく集計)、愛知県衛生研究所で行った麻しんウイルス遺伝子型検査では D8型が検出されています。2017 年の麻しんは 1 件報告がありました。
全国の 2018 年 17 週までの累積報告数は 102 件です(2017 年総報告数は 189 件)。
【参考ページ】麻しん・風しん患者調査事業を実施しています
>>詳細はこちら
本県における麻しん・風しん患者発生報告状況(2018)
>>詳細はこちら
疾患別ウイルス検出状況
>>詳細はこちら
麻しん(はしか)の発生状況について
>>詳細はこちら
0013280.html
麻しん・風しんの予防接種は 2 回受けましょう
>>詳細はこちら
麻しん対策の更なる徹底について(厚生労働省)
>>詳細はこちら
/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/dl/180427_1.pdf
名古屋市:市内における麻しん(はしか)の発生状況(5月8日更新)
>>詳細はこちら
-0-0-0-0-0.html

◆RS ウイルス感染症
18 週の定点当たり報告数は 0.14、17 週 41 人→18 週25 人(うち 0 歳 11 人、1 歳 9 人)で、2 歳未満の報告数が全体の 80.0%を占めています。
【参考ページ】RS ウイルス感染症
>>詳細はこちら

◆咽頭結膜熱
18 週の定点当たり報告数は 0.18、17 週 43 人→18 週 33 人(0.77 倍)です。

◆梅毒
2018 年 18 週までの累積報告数(診断週集計、5 月 9 日現在)は 123 件(男 93 件、女 30 件)です。2017 年 18
週までの累積報告数は 83 件(男 52 件、女 31 件)、2017 年総報告数は 344 件(男 234 件、女 110 件)でした。全
国の 2018 年 17 週までの累積報告数は 1,916 件です(2017 年総報告数は 5,820 件)。

【愛知県感染症情報センターより参照】
(平成30年5月10日更新)